よくある質問一覧

観光バス・貸切バス・サロンバスの利用用途は?
活用方法は?

バス利用・用途について
貸切バス(大型バス・中型バス・小型バス・マイクロバス)の用途は絶大です。例えば観光、日帰り観光も出来ますし、泊りでの温泉旅行にも使えます。他には、送迎。空港送迎・ゴルフ場送迎・研修送迎・遠足送迎・社員旅行など幅広い移動手段として、そして懇親の場(パーティースペース)として活躍中!人数が揃えば電車よりも格安!幹事さんも大助かりです。もちろん運転の心配もなし。

バスの種類と乗車人数は?

大型ハイデッカー 一般車より高い車高でデラックスな客席をご提供します。フロアが高い位置にあるため、床下に大きな荷物室を確保することができます。 45~55名
大型バス/一般車 一般的な大型車です。リーズナブルな価格でお気軽にご利用いただけます。 45~55名
中型サロン 一般車より高い車高でデラックスな客席をご提供します。 29~39名
中型バス/一般車 一般的な中型車です。リーズナブルな価格でお気軽にご利用いただけます。 33~45名
小型バス(サロンタイプ)(ハイデッカー) 一般車より高い車高でデラックスな客席をご提供し、乗客は大型ハイデッカーなみに高いアポイントで充分に景観を楽しむことができます。 21~27名
(マイクロ) 一般的なマイクロバスで、リーズナブルな価格でお気軽にご利用いただけます。 19~23名

※サロンカーは、椅子が回転対座シートになり、また、テーブルが付いた仕様で広々とゆとりのあるバスです。

 

「ご要望・日程など」どのようなことを決めて問い合わせればいいか?

バス問い合わせ・バス予約について
絶対に外せないバス利用条件(日程や方面、片道送迎なのか・往復なのか・観光なのかなど)や目的・乗車人員など、イメージしている旅行・利用用途の分かる事はすべて伝えましょう。不安な点や相談したいことでも結構です。詳しい情報をお伝えすると、よりご希望に添った回答が得られます。

見積もり・旅程作成は無料ですか?回答する時間は?

はい。全て無料です。しかも問い合わせフォームを設置していますので、ご回答できます。回答は72時間以内に回答しています。急がれている時は、早急に対応いたします。旅程はお客様に合わせ、経験と知識を活用し、よりオリジナルなバス旅行に!より満足いくものに!致します。

回答内容は?

お客様のご要望により作成致しますのは、まず料金見積もり。観光地のご案内とともにつくる旅程表・バスの案内とともにパンフレットの送付等を行っています。旅程表に付きましては、FAX又は郵送での回答をお薦めします。

代金の中身は?

代金について回答する表示代金は、基本費用+税金というカタチで回答させて頂いております。含まれる費用は、行程におけるバス貸切費用・ガソリン代・乗務員代(サービス費用)です。
費用に含まれないもの説明有料道路(高速)通行料・駐車料行程における高速道路・有料道路を利用する時に掛かる費用と駐車場を利用するときに掛かる費用。

高速料金区分

 

特大車 乗車定員30人以上のもの及び車両総重量8t以上で車長9m以上のもの
大型車 乗車定員29人以下かつ車長9m未満のもの
中型車 乗車定員11人以上29人以下で車両総重量8t未満もの

 

乗務員宿泊・昼食料(通称:乗務員経費)

複数日程の運行で乗務員(ドライバー・バスガイド)の宿泊が必要な場合の費用。基本は、乗務員宿泊お一人様8,640円(税込)です。昼食費1回1,000円(税込)です。
*乗務員宿泊(ドライバー)の宿泊の手配は、お客様手配して頂ければ、8,640円(税込)を省きます。当社に申し込まれる場合はご連絡ください。

回送料通行料

車庫・営業所からお迎えの場所(配車場所)・お送り場所から車庫・営業所までの間で有料道路の使用が必要な場合に掛かる費用

深夜運行料金

*深夜20:00以降にバスをご利用になる場合に必要。見積もり時にご説明致します。

支払い方法は?

ご予約頂いた上、当社よりご予約確認書・請求書を送付致します。
ご確認後、ご請求書の指定期日内に銀行口座に指定の金額をお振込みください。(尚、振込み手数料はご負担してください)
バス乗車時にお支払いの場合は事前にご連絡の上、乗務員にお支払い頂いても構いません。来社の場合は事前にご連絡の上お越し下さい。
* 但し営業時間中にお越し頂けますよう、お願い申し上げます。
* 当社近隣であれば、ご集金に伺う用意もあります。

キャンセル料は?

貸切バス

当日及び開始後の取消

前日

7日前~3日前まで

100% 50% 30%

バスの配車場所・出発場所は?

はい。もちろんお客様のご指定の場所にてOKです。しかし、交通量の多い場所、狭い場所、バス等の大型車両通行規制がある場所は配車できませんので、相談が必要です。大型車両は全長12メートル。中型車両は9メートル。小型車両は7メートルです。

車両の区分は、次のように分類されています。

大型車 車両の長さが12m未満、または旅客席数約45名以上のバス。
中型車 車両の長さが9m未満 または旅客席数30~40名程度のバス。
小型車 車両の長さが7m未満 かつ旅客席数約29名以下のバス。

混雑する時期・バス探しの注意点!

バスの繁忙期といったピーク時期についてはすぐ埋まってしまうもの。費用もかかりますし、車種も限れてきます。お早めの問い合わせ・ご相談は必須事項です。バスの車種は様々です。なにを重視するのかを明確にすれば料金なのか・設備なのか・車種なのかという事が営業マンにも伝わります。格安バス・送迎バスは車種が選べないこともあるのでご注意を。バスの費用は行き先・車種・時期出発日によって異なりますので注意が必要です。後は、日清バスのご担当者におまかせください。