北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)

北海道庁旧本庁舎1 北海道庁旧本庁舎2

 

 

 

 

 札幌の北3条通から西方面を望むと、突き当りに堂々とした姿の北海道庁旧本庁舎が見えます。「赤れんが庁舎」の愛称で知られる煉瓦づくりの建物です。現在使われている新庁舎ができるまで約80年に渡って道政を担った旧本庁舎は、1888年(明治21年)に建てられたアメリカ風ネオ・バロック様式の建築です。明治時代に作られたひずみのあるガラスや、化粧枠にしまわれた寒さ対策の二重扉など、そこかしこに機能美が感じられます。館内は一般に無料公開され、北海道の歴史をたどる資料を展示しています。