ワット・ヤイ・チャイ・モンコン(タイ・アユタヤ)

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン1_副本 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン2_副本 ワット・ヤイ・チャイ・モンコン3_副本

 

 

 

 

 1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロン(現スリランカ)に留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院で、別名を「ワット・プラ・チャオプラヤータイ」といいます。また、遠くからでもひときわ目立つ高さ72mの仏塔は、1592年に19代ナレスアン王が象にまたがり一騎打ちでビルマ王子を敗り、ビルマ軍との戦いに勝利した記念の塔です。