三段壁 さんだんべき(和歌山県)

三段壁1_副本 三段壁2_副本 三段壁3_副本

 

 

 

 

 千畳敷の南海岸にそそり立つ高さ50m~60mの断崖です。その昔、漁師達が通りゆく船や魚の群れを見張った場所「見壇」に由来すると言われるこの大岩壁は、南北2kmにわたって展開され、岩肌に打ち寄せる黒潮が激しくぶつかり合うダイナミックな光景には、自然の迫力を感じずにいられません。2016年4月、恋人の聖地「南紀白浜/三段壁」として選定されました。