ワット・チェン・マン(タイ王国・チェンマイ)

ワット・チェン・マン1 ワット・チェン・マン2

 

 

 

 

 1296年 メンラーイ王によるチェンマイ創都の時に建てられた寺院で、かつては王の宮殿として利用されていました。本堂にはソンクラーン祭りに登場する大理石の仏像「プラ・シーラー・カオ」と水晶の像「プラ・セータン・カマニイー」を安置。基部を15頭のゾウが支える金色の塔など、見どころ満載です ;-)