オランダ坂

%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e5%9d%82%ef%bc%91_%e5%89%af%e6%9c%ac %e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e5%9d%82-1 %e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e5%9d%82-2

 

 

 

 

 オランダ坂は長崎の異国情緒を代表する石畳道です。幕末から明治にかけて長崎に住んだ西欧人の人を、長崎の人たちは「オランダさん」と呼んでいます。当時「オランダさんが通る坂」を一般的にオランダ坂と名付けました。近くに日本で最初の女学校である活水女子大学と洋風住宅があります :-)