原子爆弾落下地

%e5%8e%9f%e5%ad%90%e7%88%86%e5%bc%be%e8%90%bd%e4%b8%8b%e5%9c%b0-1_%e5%89%af%e6%9c%ac %e5%8e%9f%e5%ad%90%e7%88%86%e5%bc%be%e8%90%bd%e4%b8%8b%e5%9c%b0-2_%e5%89%af%e6%9c%ac

%e5%8e%9f%e5%ad%90%e7%88%86%e5%bc%be%e8%90%bd%e4%b8%8b%e5%9c%b0-3_%e5%89%af%e6%9c%ac

 

 

 

 

 1945年8月9日、午前11時2分。アメリカの爆撃機から投下された原子爆弾は落下地の上空約500mで炸裂しました。1968年、落下中心地標柱として黒御影石の碑が立てられました。原爆の炸裂により破壊された浦上天主堂の遺壁は1958年にこの場所に移設されました。ここに訪れた時は戦争の悲惨さを胸に刻まれました。