旧門司三井倶楽部 (福岡)

旧門司三井倶楽部

旧門司三井倶楽部は大正十年に三井物産の社交倶楽部として、門司区谷町に作られました。
建物はハーフティンバー様式(木骨様式)と呼ばれるヨーロッパ伝統の木造建築工法で作られたもので、木造の骨組みの間を漆喰やレンガ、石などを使って埋めて壁が作られ、木造の骨組みがそのまま外観デザインのアクセントとなっています :roll:

~日清観光スタッフ~